生理痛には布ナプキンを使ってみよう!

初潮を迎えた時から、閉経するまで実に長い年月のお付き合いとなる生理。
生理になるたびに生理痛に悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。
また、生理期間中にデリケートゾーンが蒸れてかぶれ、かゆくなることがあります。
周囲にニオイがもれていないかといったことも気になるものです。
しかし、布ナプキンを使うと、これらの症状の改善を期待できます。
布ナプキンは、文字通り布で作られたナプキンです。
市販されている生理用ナプキンとは異なり、使い捨てにはせず、洗って繰り返し使うのが特徴です。
ゴミが出ないため、エコにも貢献しているナプキンといえます。
それでは、どうして布ナプキンを使用すると、生理痛や蒸れ、ニオイの改善が期待できるのでしょうか。
まずは生理痛ですが、これが起こる原因のひとつに冷え性があります。
体が冷えると、血行が悪くなります。
子宮周辺の血の流れが滞ると、子宮の働きが悪くなり、うまく経血が排出できなくなります。
これが生理痛を引き起こす原因となります。
冷え性の女性は多いものですが、生理に冷えは大敵です。
布でできた布ナプキンをあてると、意外なほどじんわりとしたあたたかさを感じます。
これが冷えを改善し、生理痛を緩和する効果が得られます。
また、市販のナプキンは素材のせいで蒸れやすく、ニオイやかぶれを引き起こします。
布ナプキンは通気性が良いため、湿気を排出し、あまり蒸れずにニオイの発生を抑えることができます。
蒸れないので雑菌の繁殖もしにくく、かぶれにくいのも嬉しいポイントです。
また、布ナプキンは生理に伴うさまざまな症状の改善の他にも、メリットがあります。
それは買い置きする必要がないということ。
市販ナプキンを使用しているときに予定外に生理が早く来たり、うっかり買い忘れていたりするととても困りますが、布ナプキンは繰り返し使うものですので、常に家にあり、慌てることがありません。
捨てるものがないため、ゴミの削減にもつながり、エコにつながります。
また可愛らしいデザインのものが多く、気に入ったデザインの布で作ることができるのも嬉しいポイントです。

布ナプキンの種類は豊富!使いやすく良い物を揃えよう

布ナプキンにはさまざまな種類があります。
大きく分けて、市販の羽根つきの紙ナプキンと同じような形をしたスナップタイプ、ハンカチのような四角くシンプルな形のプレーンタイプ、ホルダーとパッドタイプがあります。
スナップタイプは、市販のナプキンと同じように下着を包み、スナップでとめて使用します。
固定するのでずれにくく、トイレに行った時うっかり落とすこともありません。
プレーンタイプは四角いものを好きな厚みに折りたたんで使います。
厚みや大きさを自分で調整しやすい点がメリットです。
ホルダータイプも市販の羽根つきナプキンと同じような形をしていますが、単体では吸収量が不十分で、上にパッドを被せて使用します。
汚れた時はパッドのみ交換するため手軽で、持ち運びにもかさばりません。
また、少ない日用やふつうの日用、多い日用など、大きさも異なる物が販売されています。
使いやすさで言えば、初心者の場合はクリップタイプがおすすめです。
市販の生理用ナプキンと同じ感覚で使用できます。
慣れてきてから、ホルダータイプやプレーンタイプに移行するといいでしょう。
布ナプキンの素材は、ほとんどがコットンです。
コットンとひとことで言っても、ネルやワッフル、ガーゼ、ニットなどがあり、それぞれ肌触りや吸水力が異なります。
どの素材の物がいいとは言えず、個人の好みにもよりますので、いろいろと試してみるといいでしょう。
最初はどれをそろえるといいか迷いますが、多くの布ナプキンショップで、スターターキットを用意していますので、それを購入するといいでしょう。
基本のセットを使用し、慣れてきたら使いやすさを考えて必要な物を少しずつ買い足すといいでしょう。
また、いきなり生理期間中毎日使うのではなく、量が少ない日に試してみることをおすすめします。
ぜひお気に入りの布ナプキンをそろえ、生理の日を快適に過ごしましょう。

関連記事
  1. 時計
ピックアップ記事
  1. 初潮を迎えた時から、閉経するまで実に長い年月のお付き合いとなる生理。生理になるたびに生理痛に悩んで…
  2. 生理痛は生理のある女性の80%近くが多かれ少なかれ感じています。そしてそのうちの約30%の人は鎮痛…
  3. 低用量ピルにはさまざまな種類があり、トリキュラーやマーベロン、ダイアンやヤーズなどは人気がありよく利…
ページ上部へ戻る